診療時間

整骨院と整形外科の違い

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 実際に痛みがあるのに病院で「異常無し」と言われた
  • 以前は我慢できていたはずの痛み、今は耐えられなくなってきた
  • ずっと鎮痛剤を飲み続けることに対して不安を感じる
  • 病院の湿布薬を貼ると身体が冷えて困る
  • 整骨院と病院の違いがわからず、治療へ踏み出せない

西洋医学からくる医療機関の「根本」にあるもの|ちねんスポーツ整骨院

病院や整形外科では、仮に交通事故に遭われた患者様に対し、レントゲン・MRI・CTなどの画像診断、必要に応じて血液検査などを行います。

そして、結果や数値をもとに診断するのですが、ここで問題が見られない(見つけられない)場合には、そのまま「異常なし」と言われて終了という場合も少なくはありません。

そこで、「痛いのに異常無しはおかしい」「塩対応過ぎじゃないか?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、そのような診断対応の背景には、そもそも西洋医学という考え方があるのです。

西洋医学の基本は、病気や痛みの根源を検査で見つけ出し、投薬などで治療を行います。その際に、十分に検査をして異常が見られなければ、その痛みに対して「対処する」以外はないのです。その対処結果が、湿布・鎮痛剤の処方と言えるのです。

したがって、異常がないのに痛みがあると訴える患者様への対処は、病院や整形外科ではそれだけで「最善を尽くしている」とも言えるでしょう。

整骨院と医療機関、根本的な「違い」とは?|ちねんスポーツ整骨院

西洋医学を基礎として、現代の病院や整形外科が発展してきた分野である一方、整骨院は東洋医学が基礎にある分野です。

東洋医学とは、個々の身体を全体的によく観察し、不調の根本原因がどこにあるのか突き止めます。

したがって、西洋医学の視点から診ると「根拠はあるの?」と疑われがちですが、東洋医学は正常な身体状態と比較することで、痛みの根本原因がどこにあるのか突き止めることが可能なのです。

病院や整形外科で治療を行うことができない(判明できない)「むちうち」に対し、根本治療ができるのも東洋医学=整骨院ならではと言えます。

かと言って、西洋医学と東洋医学は決して相反することのない学問です。

痛みの強い「むちうち」の治療をするにあたり、整骨院で根本治療を行いながら、整形外科にて痛み止めの処方を受けることも可能です。

常態や症状によって整形外科と整骨院をうまく併用し、東洋・西洋医学の「良いとこ取り」をすることも、回復への近道と言えます。

むちうち治療なら当院までお任せ下さい!|ちねんスポーツ整骨院

当院では、やっかいな「むちうち」を根本改善することができる技術を持った整骨院です。交通事故関係に精通するスタッフが、これまで数多くの施術を行ってきました。異常が見つからない痛み・不調でお悩みの方は、一度当院まで気軽に相談にお越しください。

お問い合わせ

TEL

住所
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27-23
村山ビル
駐車場
こちらをご覧ください。
予約
お電話でのご予約が可能です
休診日
祝日

受付時間