診療時間

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故に遭い、日にちが経ってから調子が悪くなった
  • 事故後、めまいや頭痛に悩んでいる
  • 痛みがあるので整形外科に行ったが、「特に異常なし」と言われた
  • 痛いので寝返りが打てず、ぐっすり眠れない
  • 事故で負った「むちうち」を治したい

交通事故は症状が無くても【すぐに病院へ】|ちねんスポーツ整骨院

突然の交通事故後。

直後は警察へ連絡したり、保険会社とやり取りをしたり、諸所の手配をしたりと、あっという間に何日かが過ぎていきます。

特に、積雪地方の冬場では、事故の後処理に半日以上かかってしまうこともまれです。実は、その間もご自身の脳は興奮しっぱなしでアドレナリンを大量放出しており、痛みを感じる器官が麻痺している状態なのです。

したがって、事故直後はさほど痛みを感じず、対応などをしていて病院へ行くのが遅れてしまい、気付けば痛みの外にも頭痛、吐き気、手・足のしびれ、不眠や冷えといった症状が現れたというケースが多いのです。

交通事故後は、症状や痛みの有無に関わらず、必ず病院や整形外科へ足を運ぶことを忘れないようにしましょう。

実は怖い、【むちうちの後遺症】|ちねんスポーツ整骨院

事故で負うことが多い「むちうち」。

これは、頚椎が衝撃を受け捻挫状態になることで痛みが発生します。首の頚椎が歪むことで、周辺の筋肉が緊張し、背骨・骨盤が歪んでしまい、椎間板ヘルニアや坐骨神経症を引き起こす場合もあります。

むちうちが悪化することで、めまい・頭痛や・耳鳴り・吐き気といった自律神経症状に加え、腰痛・脚の痺れ・歩行・排尿障害などの重篤症状を引き起こすこともあり得るのです。一旦そのような症状が現れれば、以前のような仕事、家事、趣味に勤しむことすら難しくなってしまうでしょう。

「むちうち」は実は怖い症状で、早く治療を開始することが重要なのです。

交通事故直後にとりたい行動は【3つ】|ちねんスポーツ整骨院

交通事故直後はパニックに陥りやすく、冷静な判断ができなくなることが多いかと思います。そこで、後のトラブルを避ける意味でも、3つのポイントを抑えておきましょう。

ポイント① 速やかに警察に連絡

事故のタイプ(対人・対物事故・自損・自爆)に関わらず、必ず警察には連絡しましょう。避けるべきは、事故の当事者での自己判断です。

必ず第三者である警察に状況を判断してもらいましょう。保険手続きには、交通事故証明が必要となります。事故後の補償を受けるためには、警察の手助けが欠かせません。他にも、示談や治療に関わる交渉は、絶対に現場で行ってはいけません。必ず、代理人(保険会社)や専門家を通してやりとりしましょう。

ポイント② 加害者の情報収集

仮に、ご自身が被害者の場合は保険会社とのやりとりが円滑に進むよう、相手の免許証、ナンバープレート等を証拠として写真に収めておきましょう。他にも、連絡先・勤務先の情報、保険会社の情報も聞いておくと尚良しです。

ポイント③ 目撃情報を集める

事故時に周囲に目撃者がいた場合、目撃証言をメモしたり、動画や写真を撮影しておきましょう。こちらも後々の示談交渉で過失割合が変わってくることがあるからです。

お問い合わせ

TEL

住所
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27-23
村山ビル
駐車場
こちらをご覧ください。
予約
お電話でのご予約が可能です
休診日
祝日

受付時間