診療時間

自損事故

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ガードレールに衝突した時に「むちうち」状態になってしまった
  • バイクのブレーキミスで壁にぶつかってから調子が悪い
  • 最後まで治療したけどお金がないので不安だ
  • 自損事故は保険が使えるのかわからない
  • 病院では薬はくれるが治療をしてもらえない

自損事故とは?|ちねんスポーツ整骨院

「自動車でガードレールにぶつかってむちうちに」「バイクで転倒して腰を強打した」「溝に落ちて肩を骨折してしまった」といったように、車やバイクを運転している人が、単独で起こしてしまった事故のことを自損事故と言います。

したがって、事故の相手は存在せず、自身のみがケガをしてしまうため、本人は相手がいないことに安心しがちですが、人通りが少ないところで自損事故を起こしてしまうと、大変危険です。近年は車の性能が向上していることで減っていますが、乗り物を運転するのが人である以上、咄嗟のミスや偶発的な事故は回避できません。

放っておくと怖い、自損事故のケガ|ちねんスポーツ整骨院

事故の大小や程度に関わらず、乗り物を運転している時、走行中に何かにぶつかれば、身体は少なからず衝撃を受けることでしょう。

その際に痛みを感じず、数日様子を見ても痛みを感じなければ、「受診の必要性なし」と自己判断をしてしまうかもしれません。ですが、実はそれは大きな間違いなのです。事故直後は、身体に異常が「ない」のではなく、脳内のアドレナリン大量放出によって、「痛みを感じなくなっているだけ」なのです。

そう言った理由から、事故後数日~数週間経ってから、痛みや不調を感じる方も多くいらっしゃいます。痛みだけではなく、めまい・頭痛・耳鳴り・吐き気などの自律神経症状として後遺症が出現することもあるのです。

事故後に自己判断をしてしまい、治療を受けずに放っておくと、そういった症状が慢性化したり、事故の衝撃で歪みが生まれて神経を圧迫したり、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にまで発展することもあるのです。

そこまで進むと、事故以前の健康な生活を送ることが難しくなってしまうでしょう。

保険の適用に関してもご相談下さい|ちねんスポーツ整骨院

実は、整骨院で受ける治療でも、「保険適用」になるということを知らない方は意外と多いのです。

事故被害に遭われた方は、自賠責保険を利用した治療が可能ですが、自損事故では適応となりません。ですが、加入されている任意保険のプランによっては、自損事故保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険などの特約を利用することで治療を行うことができます。

さらに、健康保険は誰でも利用することができるので、負担を減らして治療を受けることが可能です。

当院には、交通事故時の保険適用に精通したスタッフが在籍しているので、事故や保険に関する不安、お悩みなど気軽にお話し下さい。

お問い合わせ

TEL

住所
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27-23
村山ビル
駐車場
こちらをご覧ください。
予約
お電話でのご予約が可能です
休診日
祝日

受付時間