診療時間

頭痛・めまい(眩暈)・吐き気

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故に遭ってから、頭痛・吐き気・めまいが治らない
  • 追突で首を痛めた、その後めまいが起きるようになった
  • 病院で検査しても「異常なし」と診断される
  • 天候によっては具合が悪い
  • 薬を飲んでいるが、一向に治らない

交通事故による、頭痛、めまい、吐き気の正体とは?|ちねんスポーツ整骨院

交通事故にあった数日後・・・気付けば頭痛、吐き気、だるさやめまいを感じることは決して少なくありません。

その正体は【自律神経症状】かもしれません。事故の時には頭を打った・打ってない、脳震盪などを疑いますよね。実は、病院などの精密検査では、脳挫傷などの異常が見つからない方がほとんどなのです。

自律神経症状が現れる原因とは?|ちねんスポーツ整骨院

・自律神経のダメージはレントゲンで発見することは『困難』

交通事故によって自律神経にダメージを受ける事があり、事故の数日後になって頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、視力低下、聴力低下などの症状が不安定に出現するという状態がよくあります。

実は、自律神経へのダメージは、病院のレントゲン、MRIでは確認することは出来ません。したがって、「異常なし」・「原因不明」と診断される事が多いのです。

交通事故での頭痛・めまい・吐き気の3パターン|ちねんスポーツ整骨院

①頚性神経筋症候群(首こり病)

頚性神経筋症候群(首こり病)とは、東京脳神経センター理事長・脳神経外科医によって提唱された症候群です。

これは、交通事故の衝突で首の筋肉に大きな負担がかかり、首を支える筋肉が過度に緊張し硬くなることで症状が現れます。首の痛み・重さ・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振・下痢等々、自律神経に関係する症状が現れます。他にも、慢性的なだるさ、倦怠感、やる気が出ないといった症状も起きます。

レントゲンなどの検査では分からず、生活に支障をきたすほど辛い症候群のことをいい、首こりは、首の筋肉の過緊張が原因として考えられています。

②バレリュー症候群

首にある後頚部交感神経系が興奮して症状が出ます。

こちらは、医師の間でも意見が分かるようですが、脳神経外科では良く見られる症状です。耳鳴り・痛み・耳鳴り・浮遊感などが症状で、感覚を分かってもらう事が出来ず、中には不定愁訴として必要以上にお薬を服用させられて、生活に支障が出てしまう方もいます。

③脳脊髄液減少症

交通事故後に、数分間立っていると頭痛がするが、横になると治るという症状が続く場合には脳脊髄液減少症の疑いがあります。

当院での頭痛・めまい・吐き気治療法とは|ちねんスポーツ整骨院

当院は交通事故治療を得意としており、頭痛・めまい・吐き気へは、後遺症を防いで早期に全治、仕事に復帰することを目指して施術を行っております。

不調の原因ともなる自律神経のバランスを整えるため、身体や骨格・骨盤のバランスを整え、症状が再発しにくい体を作っていきます。

交通事故での後遺症予防をご希望の方は一人で悩まずに当院までお越しください。

お一人お一人に向き合い、オーダーメイドの施術をご提案させて頂きます。

お問い合わせ

TEL

住所
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27-23
村山ビル
駐車場
こちらをご覧ください。
予約
お電話でのご予約が可能です
休診日
祝日

受付時間