診療時間

交通事故後の捻挫・骨折・打撲・リハビリ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故に遭った後、整形外科でリハビリを受けているが改善しない
  • 痛みが取れていないのに病院では「異常なし」と言われた
  • 後遺症が残らないか不安だ
  • 事故で負った骨折した箇所の動きが悪くなってきた
  • 長期間、痛み・腫れが引かないので捻挫しているかもしれない

交通事故後には、なぜ【リハビリ】が必要なのか?|ちねんスポーツ整骨院

交通事故での骨折や頚椎捻挫、腰椎捻挫といったケガを負うと、痛みのほかに「機能障害」が起こります。

これは、身体の運動機能に障害が起こってしまう事を言います。

打撲、肉離れ、腰痛、骨折、捻挫、むち打ちといったケガを負うと、骨や筋肉、靭帯などの身体を構成している組織が傷つき、それで痛みが起きたり内出血が起きたりします。

同時に、傷んだ組織がそれ以上進行しないよう、周囲の筋肉を固くしたり、余計な力が出ないよう、自然に反応する現象が起きます。すると、筋萎縮や関節拘縮、運動連鎖などの破綻が起き、ケガをする以前の動き方を忘れてしまうのです。

そこで、「リハビリ」の登場です。

これは、本来の身体の使い方を思い出すために動作や軽い運動を行います。

中には、リハビリは受けなくても機能障害が治ると感じている方も多いかもしれませんが、たとえ軽い足首の捻挫でも、足関節の安定性が崩れ、膝・股関節に機能障害が起こることが研究により明らかになっています。

交通事故のケガも同じです。後遺症を予防する為にも、機能障害を最小限にするためにもリハビリは必要なのです。

決して「痛みがない=治っている=リハビリは不要」といった認識は間違いです!

当院では、リハビリを中心とした施術とサポートが充実しております。

当院でのリハビリの一例|ちねんスポーツ整骨院

当院では、手・腕・肩・足の骨折や捻挫、むち打ち、腰椎捻挫といった多様な交通事故のケガのリハビリを受け付けており、患者様に合わせたスケジュールと強度でリハビリプログラムを考えております。

当院でのリハビリの一例です。

①受傷〜1週間(炎症期)

目標―炎症の早期解消、機能障害予防

②1週~3週間(炎症期後期、拘縮期)

目標―炎症の解消、機能障害回復

③3週間〜

目標―機能障害回復・再発、後遺症予防

当院でのリハビリ、捻挫や骨折に対する施術方法とは?|ちねんスポーツ整骨院

当院では、交通事故で負ったケガからくる筋肉、骨格、神経、姿勢などのバランスの崩れ、さらには関節の柔軟性の低下、腰骨、骨盤などのズレ、筋膜性疼痛症候群や神経の滑走性の悪さ、脊椎や関節の不安定性などを調整します。

凝り固まった筋肉や関節をほぐし、運動障害を解消し、神経の機能を取り戻し、事故後の機能障害が再発しにくい身体づくりを目指しております。

交通事故での後遺症予防を希望される方は当院までお越しください。

当院の施術で、正しい動作と姿勢を取り戻し、神経・筋肉・骨格のバランスを整え、交通事故前の健康的な身体を取り戻しませんか。

お問い合わせ

TEL

住所
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27-23
村山ビル
駐車場
こちらをご覧ください。
予約
お電話でのご予約が可能です
休診日
祝日

受付時間